入院病棟案内 外来診療科案内 検査案内 介護保険サービス案内


・老年精神科病棟のご案内
    老年精神科病棟では、50名の入院が可能で、老年期(概ね65歳以上)の重度の痴呆症の方を対象として、専門的な医療・看護・介護などを通じて、患者さんの日常生活が快適に送れるようお手伝いしております。
 リハビリテーションの提供や人工透析、レクリエーションや院内行事、患者さんの個性・病気の状態に応じた部屋も準備され生活空間としての病棟であり、適切な医療提供が出来る病棟でなければならず、より多くのニーズに対応できるようスタッフ全員で取り組み、努力いたしております。


・理学療法のご案内
   理学療法を通じて 、老人に多く見られる運動障害によるねたきりの予防や、関節稼働域・筋力の維持、訓練そのものによる精神的活性化などの効果が期待でき、介護部門との連携によるレクリエーションや理学療法士の指導による病棟スタッフ全員でのADL訓練等、老人医療には欠かせない訓練となっています。

▲リハビリテーション室のようす


・老人性痴呆症疾患治療病棟のご案内
   痴呆症疾患治療病棟では、40名の入院が可能で、重度の痴呆があり家庭では介護が困難な方を対象として、作業療法士による作業療法を中心に行いながら患者さんの残された機能・能力を最大限に引き出せるよう、生活のお手伝いをしています。
 通常は、40名の患者さんが入院されておられますが、病棟の開放化に取り組み、毎日9:00〜16:00の時間帯で病棟出入口の鍵を開放し、ご家族の方が面会に来られたときにも自由に出入していただけるようになりました。もちろん離院事故にならない様に「徘徊コール」というシステムを導入し、ご家族の方にもご理解をいただきながらの運用です。
 平均的な入院日数は1,163日間と、約3年間にもなります。患者さんにとって病棟自体が生活の場となりますので、よりよい生活環境の整備・調整を行いながら、スタッフ全員が家族の一員としての役割を担うよう、努力しております。

▲老人性痴呆症
疾患療養病棟のようす


・作業療法のご案内
   痴呆があることにより、人との接触を嫌い、一日中何もせず部屋に閉じこもってしまう事で、痴呆の悪化をまねきます。そのような患者さんに作業療法を通して、手作業や、体を動かし、出切る事をみつけて、喜びの再発見や、一日の生活の中にメリハリをつけることで、精神の安定をはかり、痴呆疾患の悪化防止につとめます。
 

→作業療法室のようす

▲作業療法士と栄養士による
料理づくりなども取り入れています


・内科療養病棟のご案内
   内科療養病棟では、22名の入院が可能で、内科疾患をお持ちの方が主に入院され、患者さん一人当たりの病床面積が8u以上という療養環境を提供しています。
  通常は、22名の患者さんが入院されております。平均的な入院期間は414日間と長期療養が可能で、慢性的な病気や肢体不自由な方が対象となりますが、院内の他病棟からの急変患者さんや、併設施設からの急変患者さんにも対応できる設備も有しております。
  リハビリテーションやレクリエーションも提供しており、入院中のベッド上生活時間の短縮など、幅広い医療・介護に職員一同努力しております。

▲内科病棟の食事風景


・高気圧酸素治療装置
   身体のすみずみまで酸素を送り、脳卒中や心筋梗塞等、幅広い疾患に対応出来る治療装置で、副作用・事故などがなく安心して受けることができます。
 

→高気圧酸素治療装置


・レクリエーション
   週に数回、職員といっしょにルールのあるゲームや工作をすることでコミュニケーションをとり、入院生活にすこしでもゆとりと楽しみを提供できるよう取り組んでいます。
 

→レクリエーションのようす


Copyright (C) 桃蹊会 All Rights Reserved.